病児の学習実態 - 秋田病児学習サポート

病児の学習実態について

文部科学省による調査(平成25年度)
病気やけがにより、延べ30課業日以上入院した児童生徒への対応

小・中学校
高等学校
学習指導を実施していない主な理由
  • 治療に専念するため(体調を優先) 病状が重篤であるため
  • 精神的疾患により、病院側から交流を避けるよう指示があったため
  • 感染症対策の観点から、病室への入室が禁止されているため
  • 本人・保護者が治療の優先を希望したため
  • 入院期間が短く、不定期・断続的であるため
  • 病院が遠方であるため 指導教員・時間の確保が難しいため

お申し込み・お問い合わせフォーム

お申し込みの他、ご利用に当たってのご相談、ボランティアスタッフへの応募についてなどお気軽にお問い合わせ下さい。

    必須お問い合わせ内容


    必須お名前


    必須学習サポート利用者との間柄

    必須学年

    必須性別

    必須オンライン環境の有無

    必須オンライン機器(Zoom対応)の有無

    必須学習サポートを希望する教科

    必須ご住所

    ※原則として、秋田県内に在住している児童生徒が学習サポートの対象となります。

    郵便番号

    市区町村

    それ以降の住所


    必須メールアドレス

    任意電話番号

    任意お問い合わせ・ご質問・ご要望



    スパムメール防止のため、こちらのボックスにチェックを入れてから送信してください。

    このサイトはreCAPTCHAとGoogleによって保護されています プライバシーポリシー利用規約が適用されます。